スペイン2部のテネリフェがFC東京に所属するMF中島翔哉に興味を示しているようだ。スペイン『ラジオ・クラブ』が伝えた。

テネリフェには昨シーズンまでMF柴崎岳が所属。柴崎の活躍もあり、昇格プレーオフ決勝まで勝ち進んだが、ヘタフェに敗れて惜しくも1部復帰はならなかった。そこで、攻撃陣にテコ入れの必要なテネリフェは、再びアジア市場に手を伸ばすことを決めたという。

テネリフェのアルフォンソ・セラーノSDは柴崎について良い記憶を持っていることを認めた上で、似たキャラクターを持つ中島が、獲得候補として議題に挙げられていることを示したようだ。

中島に関してはすでに昨年の7月から追跡が開始されたとも伝えられている。中島は22歳の攻撃的MFで、重心の低いドリブルを武器とする。昨夏にはU-23代表としてオリンピックにも参加し、中心選手として戦った。若きドリブラーのスペイン挑戦は実現するのだろうか。