オランダ代表のMFジョルジニオ・ワイナルドゥムは、リヴァプールでもチームメイトであるDFヴィルヒル・ファン・ダイクについてEURO2020に間に合うことを望んだ。オランダ『VI』が伝えている。

ファン・ダイクは10月のエヴァートン戦で右膝を負傷。前十字じん帯損傷による手術を行い、今季の復帰は絶望的となった。クラブ、代表でチームメイトであるワイナルドゥムは「彼にとって難しい時期」と認める。

「選手として経験する最悪のことだ。でも彼はとても強い。僕らは時々『FaceTime』をしているし、とてもいいよ」

また、今季は過密日程に加え、代表活動もあることで、選手の体力や負傷の可能性などについて度々問題視されている。だが、ワイナルドゥムはオランダ代表でのプレーは喜びであるとした。

「僕らは3試合に向けてエネルギーを注ぐ。選手としてオランダ代表でプレーすることは素晴らしいことだ。全員が満足している。今のところ、とても調子はいいし、体調もいい。まだシーズンの序盤だし、今後どうなるかはわからないけどね」