インテルに所属する日本代表DF長友佑都が、中国での歓迎ぶりが以前より高まっていると感じているようだ。中国メディア『捜狐』のインタビューで語っている。

インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)などに参戦しているインテルは現在、中国でプレシーズンを過ごしている。長友は例年以上の盛り上がりを感じているという。

「到着してから、すぐに影響を感じ取ることができました。中国に来たのは初めてではありませんが、毎回熱意が強くなっているように思います。特に蘇寧グループがインテルを買収してからは、より帰属意識のようなものが強まったのかなと感じますね」

24日にはICC初戦のリヨン戦を1−0で制したインテル。長友もルチアーノ・スパレッティ新監督のもとで先発出場を果たしている。