トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、練習中にMFガレス・ベイルに言い放った言葉が話題となっている。

レアル・マドリーからのレンタル移籍でトッテナムに加入したベイルだが、モウリーニョ監督は同選手の成果に満足していないとされている。そうした状況の中、トッテナムが公開した練習動画で、モウリーニョ監督がベイルに語りかけていた内容が話題に。ポルトガル人指揮官は発破をかける意図か、シュート練習に取り組むウェールズ代表MFにこう言葉を投げかけた。

「お前はここに残りたいのか? それともレアル・マドリーに戻ってプレーせずに過ごしたいのか?」

レアル・マドリーでは、ジネディーヌ・ジダン監督に戦力としてみなされなくなっていたベイル。なおスペインの主要メディアはモウリーニョ監督のこの言葉を、「ベイルへの“ 脅し”」と引用符をつけながら紹介している。