ローマが、バルセロナFWムニル・エル・ハダディ獲得に向けて動きを見せている。

レスター・シティMFリヤド・マフレズを狙っているローマだが、レスターから4000万ユーロ(約52億円)という高額な移籍金を要求され、交渉は難航しているとみられる。そこでモンチSD(スポーツディレクター)は新たなターゲットに照準を切り替えたようだ。

モンチSDは、バルセロナでエルネスト・バルベルデ監督の構想外となっているムニルと接触した模様。選手のイタリア移籍に前向きで、すでに個人合意に至ったとも伝えられている。

ローマはムニル獲得に移籍金800万ユーロ(約10億円)を準備している。だが当初ムニルを移籍金1500万ユーロ(約19億円)でゼニト・サンクトペテルブルクに売却する思惑だったバルセロナ側は、ローマのオファーに納得していないようで、今後クラブ間交渉が行われるとされている。