マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが『フランス・フットボール』のインタビューに応じた。

昨シーズンはプレミアリーグで21ゴールを挙げ、優勝に大きく貢献したアグエロ。今季もここまで9ゴールを奪い、得点ランキング2位につける。年末に発表されるバロンドールの候補者30名にも残っているが、アグエロは同郷のリオネル・メッシを推した。

「僕にとってバロンドール最有力候補は常にレオだよ。もちろん、候補者に残れたことは嬉しい。でも何があっても、レオが最有力候補だよ。彼が獲得してくれたら、嬉しいね」

アグエロはすでにティエリ・アンリを抜き、外国人選手によるプレミアリーグ最多得点記録を樹立。大きな満足感を口にした。

「たくさんのゴールを決めて、歴史を作ったアンリのような素晴らしい選手を追い越して満足している。それを打ち立てたというのはとてつもないことだ。僕の人生にも刻まれたね。これからも何かを達成するために可能な限りハードワークを続ける。特に楽しみ続けたい。18歳でヨーロッパに来て、今は31歳だ。ときが過ぎるのはとても速い。残された時間は短いし、それを楽しむようにするよ」