チェルシーFWジエゴ・コスタは、チームのプレシーズンに合流する時期を遅らせることでクラブの許可を得たようだ。

チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、D・コスタを今季の構想に含めていない。D・コスタ自身が、その事実を公の場で認めていた。

そのD・コスタを狙っているのが、古巣アトレティコ・マドリーだ。D・コスタは1日にチェルシーのプレシーズンに合流する予定だったものの、近日中の移籍成立を期待して合流を保留する決断を下している。

チェルシーはアトレティコの正式オファーを待っている状況だ。だが安価でスペイン代表FWを放出する意図はなく、納得の行くオファーが届かなければ、アトレティコ以外のクラブにD・コスタを売却する可能性を検討するという。