イギリス『インデペンデント』は20日、今冬ここまでの移籍市場におけるベスト補強ランキングを発表。ザルツブルクからリヴァプールに移籍した南野拓実を2位にランクした。

『インデペンデント』は今回の補強ランキングの選定基準として、即戦力としての評価はもちろん、長期的に見た場合の成長度と価値上昇の期待値、移籍金などを考慮。南野を2位と高く評価した理由については、「移籍金900万ポンドはバーゲン価格と言えるだろう。南野は洗練された素晴らしい選手でクロップのシステムにも合う。さらなる成長も期待できる」とした。

1位には、南野とチームメートだったノルウェー代表FWアーリング・ハーランド。19歳の長身FWは、ザルツブルクで今季22試合28得点という圧巻の記録を残し、ドルトムントに移籍した。18日に行われたブンデスリーガ第18節のアウグスブルク戦では、56分からの途中出場でデビューを果たすと、そこからハットトリックの離れ業を披露。いきなりドイツの地で衝撃を与えた。

そのほか、3位にはドゥバン・サパタが入った。アタランタはサンプドリアからのレンタルで同選手を引き入れていたが、今冬に買い取りオプションを行使している。7位には、ミランに復帰した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチの取引が入っている。

【今冬のベスト補強】(インデペンデント選定)
1位:アーリング・ハーランド…1800万ポンド
(ザルツブルク→ドルトムント)

2位:南野拓実…900万ポンド
(ザルツブルク→リヴァプール)

3位:ドゥバン・サパタ…1080万ポンド
(サンプドリア→アタランタ)

4位:デヤン・クルゼフスキ…3150万ポンド
(アタランタ→ユヴェントス)

5位:ラウール・デ・トマス…1800万ポンド
ベンフィカ→エスパニョール

6位:スタニスラフ・ロボツカ…1800万ポンド
セルタ→ナポリ

7位:ズラタン・イブラヒモヴィッチ…フリー移籍
ロサンゼルス・ギャラクシー→ミラン

8位:ユリアン・ヴァイグル…1800万ポンド
ドルトムント→ベンフィカ

9位:ジョアン・ペドロ…360万ポンド
フルミネンセ→ワトフォード

10位:エセキエル・パラシオス…1530万ポンド
リーベル・プレート→レヴァークーゼン