スペイン『マルカ』が、レアル・マドリー下部組織出身のある選手の物語を紹介した。曰く、その選手は現ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドの逆鱗に触れたことで、トップチームの扉を閉ざされてしまったという。

選手の名は、DFマヌ・エルナンド。レアル・マドリーの下部組織で順調にステップアップを果たしていったこのセンターバックは、2017-18シーズンにトップチームの練習に継続して参加するようになった。しかし『マルカ』によれば、ある日の練習で事件が起こった。エルナンドはC・ロナウドに対して、目撃した者が「故意に蹴ったようだ」と形容する強烈なアフタータックルを見舞い、ピッチ上で痛がっていたC・ロナウドは彼に対する怒りを隠さなかったとのことだ。

偶然か、それとも−−このタックル以降、ジダン監督率いるトップチームでエルナンドの姿を見かけなくなった。彼が再びトップチームでチャンスを与えられたのは、C・ロナウドがユヴェントスに移籍した翌シーズンから。だが負傷の影響でプレシーズンツアーに参加するチャンスを逃すと、CBの補欠枠はハビ・サンチェスに取って代わられることになった。

エルナンドはこの冬にカスティージャからリーガ2部のラシン・サンタンデールにレンタルで移籍。ラシンでは不動のセンターバックとしてプレーしている。もし、あのときC・ロナウドにタックルを見舞っていなければ、異なる道も存在していたのだろうか。いずれにしても現在21歳のエルナンドは、今もレアル・マドリーで成功をつかむ未来を夢見ている。