ウニオン・ベルリンは19日に行われるブンデスリーガ開幕節でアウクスブルクをホームに迎える。新加入の日本代表MF遠藤渓太はこの試合は欠場することになりそうだ。

今夏に横浜F・マリノスからウニオンに渡った遠藤は、先月30日のアヤックスとのプレシーズンマッチで右太ももを痛めて負傷交代。14日間の戦列離脱が予想され、ウニオンが1-0で制した今月12日のDFBポカール1回戦カールスルーエ戦は欠場を余儀なくされていた。

そして、リーグ開幕にも間に合わないようだ。17日、アウクスブルク戦に向けた記者会見で故障者について問われたウルス・フィッシャー監督は、「エンドウと(アンソニー)ウジャーはまだ回復していない」とコメント。遠藤に関しては「今日チーム練習の一部に参加することができ、非常によい方向に進んでいる。ただ、アウクスブルク戦はおそらくまだ早すぎると考える」と明かした。

一方、同じく今夏にウニオンに加わった元ドイツ代表FWマックス・クルーゼはメンバーに含まれるかもしれない。フィッシャー監督はプレシーズンでは負傷のためテストマッチに出場していなかった同選手については「マッチデースカッドに入れるか様子を見よう」と示唆した。