アスレティック・ビルバオDFイェライ・アルバレスが、ついにトレーニングを再開させたようだ。

昨年に精巣がんであることが分かり、その後治療とリハビリを経て一度は復帰を果たしたイェライだが、今年6月に受けた定期検査で再発が判明。再び治療に専念せざるを得なくなった。

先日、ビルバオの選手、スタッフ、コーチングスタッフは全員丸坊主にしてイェライにエールを送った。イェライは周囲の人に支えられながら、治療を続け、24日にレサマ(ビルバオの練習場)でランニングとボールを使ったトレーニングを行うまでに回復している。

イェライは『インスタグラム』で「誰も、何事も笑顔を奪うことはできない」とのコメントを載せ、順調な回復ぶりを喜んだ。現時点では実戦復帰までの回復期間は明らかになっていないが、イェライの一日も早い回復を願うばかりだ。