マンチェスター・ユナイテッドで活躍したライアン・ギグス氏は、同都市のライバルクラブ、マンチェスター・シティがタイトルレースの本命だと語っている。

昨シーズン、リーグ戦3位に終わったシティは、今夏大型補強に動いている。巨額の資金を費やしてベルナルド・シウバ、ベンジャミン・メンディ、カイル・ウォーカー、エデルソン、ダニーロなどの新戦力を獲得。ギグス氏は、古巣の最大のライバルが新シーズンの優勝候補だと考えているようだ。

ギグス氏は『スカイスポーツ』で「マンチェスター・シティは優勝できるチームだと思う。セルヒオ・アグエロ、ガブリエウ・ジェズス、レロイ・サネ、ケヴィン・デ・ブルイネ、ダビド・シルバ、ラヒーム・スターリングを揃える前線は昨シーズンからすでに恐ろしい存在だ」と攻撃陣はプレミアリーグ随一の破壊力を持っていると解説する。

一方で、「彼らに必要なものは守備陣だ。平均的なゴールキーパーではプレミアリーグで優勝できないから、エデルソンがどのような活躍を見せるか興味がある。それにサイドバックにはかなりの投資を行った。しかし、チームに経験と影響力をもたらすヴァンサン・コンパニが、ベストな状態でシーズンを戦えるのか疑問が残る」と、シティは依然としてセンターバックに悩みを抱えていることを指摘した。

また、「もちろんチェルシーを無視することなどできない。しかしプレミアリーグとヨーロッパを戦うだけのメンバーが揃っているのかと言われれば、確信が持てない。トッテナムも素晴らしいメンバーと偉大な監督がいるが、新戦力を加えずに新シーズンを戦えるのだろうか」と2チームはシティに遅れを取っているとも話している。