バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、今夏のネイマール獲得について“可能性が低い”と認めた。

2017年にバルセロナから史上最高額2億2200万ユーロ(当時約290億円)でパリ・サンジェルマン(PSG)に加入したネイマール。フランスの地で好パフォーマンスを見せる同選手だが、スペインへの帰還を熱望し、昨夏には両クラブが交渉の席に着いたものの、合意には達せず。しかし、ブラジル代表スターの復帰を望むバルセロナは諦めず、今夏に再挑戦すると予想されてきた。

先日には、スペイン『アス』がネイマールとPSGが今夏の退団で合意に達したと報じ、バルセロナ復帰に着実に前進すると考えられている。

スペイン『RAC1』で今夏の移籍市場でブラジル代表FWがターゲットになるかと問われたバルトメウ会長は「そのようなオペレーションは可能性が低い。なぜならヨーロッパ全クラブの状況はとても厳しいからだ」と新型コロナウイルスによるネガティブな影響がネイマール獲得への動きに待ったをかけていることを認めた。

また、同会長は疑問の声が絶えないミラレム・ピャニッチとアルトゥールのトレードにも言及し、「アルトゥールの件は第一にスポーツ面の決断であり、財政面の決断でもある。しかし、ピャニッチは長年私たちが求めていた選手だ。人気があるし、それにユヴェントスが望む選手がバルセロナにいた」と理解を求めた。