チェルシーのトーマス・トゥヘル監督は、プレミアリーグとリーグ・アンを比較した。

1月にフランク・ランパード前監督の解任に伴い、直前にパリ・サンジェルマンから退任したトゥヘル監督はチェルシーの指揮官に就任。以降、チームの立て直しに成功し、プレミアリーグトップ4、FAカップ決勝進出、チャンピオンズリーグ準決勝進出にチームを導く手腕を見せる。

ドイツ、フランスの強豪を率いた実績を持ち、現在名将ひしめくプレミアリーグを主戦場とするドイツ人指揮官は、2-0で勝利したフラム戦後のプレスカンファレンスで、PSGとともに無双していたリーグ・アンと現状を比較した。

「リーグ・アンからプレミアリーグに行くことについて?正直言って、本当に大変、とても大変だ。フランスは、ここと同じ数の試合があり、2つのカップ戦、そしてリーグには同じく20チームがいる。しかし、インテンシティとリーグへの挑戦という面で、ここはフランスとはまったく違う」

「容赦なく、気を抜かせてはくれないし、早朝に目を覚まされる。息つく暇さえないんだ。腰を下ろしたり、リラックスしたり、心地良い気分にさせてくれたり、そのような時間はほとんどない。メンタリティやスピリットを研ぎ澄ますという意味で良いことだ」