バルセロナは、今夏のアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリエズマン獲得を考慮していない様子だ。スペイン『マルカ』が伝えた。

FWネイマールのパリ・サンジェルマン移籍が間近に迫っているバルセロナ。移籍成立なら、同選手の契約解除金2億2200万ユーロ(約290億円)という大金を手に次の補強に向かうことになる。

新たなアタッカー獲得に、バルセロナはグリエズマンに関心を寄せていると報じられていた。だがバルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長はアトレティコのミゲル・アンヘル・ヒル・マリンCEOに直接電話をかけ、獲得の意思がないことを伝えたという。

バルセロナとアトレティコの関係は良好で、バルトメウ会長がその関係に亀裂を入れてまでグリエズマン獲得に躍起になる可能性は低いとみられる。なお、グリエズマンの契約解除金は、先の契約延長の際に今夏の移籍市場が閉幕する9月1日まで2億ユーロ(約260億円)に引き上げられている。