アストン・ヴィラは30日、チェルシーからイングランド代表MFロス・バークリーをシーズンレンタルで獲得したことを発表した。

エヴァートンで名を上げたバークリーは、2018年1月にチェルシー移籍。ここまで同クラブでは公式戦86試合で11ゴールを記録している。昨シーズンも公式戦31試合に出場して5ゴールをマークしたが、メイソン・マウントの台頭や新たにチームがカイ・ハヴェルツを獲得したことにより、厳しい立場となっていた。

アストン・ヴィラを率いるディーン・スミス監督はバークリーの獲得に際して、「ロスのような選手を獲得できたのはクラブにとって本当に大きなことだ。私は彼がこのクラブで成功し、チームを向上させることができると確信している」と喜んだ。

昇格シーズンだった昨季を17位で終えて残留したアストン・ヴィラは、今季ここまでのプレミアリーグ2試合でいずれも勝利。残留を目指すチームにとってバークリーは大きな補強となりそうだ。