ドルトムントOBミヒャエル・ルンメニゲ氏が、FWアーリング・ハーランドの去就について言及した。

ドルトムント加入から公式戦61試合で62ゴールを奪うなど、驚異的な活躍を見せるハーランド。当然のようにメガクラブの関心をひきつけ、これまでレアル・マドリーやバルセロナ、チェルシー、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドなど、数々のクラブへの移籍が噂されてきた。

そんな21歳ストライカーについて、カール=ハインツ・ルンメニゲ氏の実弟で、現役時代にドルトムントで5年間プレーしたM・ルンメニゲ氏が言及。『Sport1』で「今シーズン終了後にどうなるか見守ろう」とし、以下のように続けた。

「レアルやバルサが財政的な問題を抱えていることから、イングランドに行くことも考えられる。父親もかつてプレーしていたしね。リヴァプールでプレーする姿を想像することも十分に可能だよ」

そして「ハーランドは特別なフェノメノンだ。30年〜40年に一度しか現れない才能だ」と絶賛し、「彼のキャリアプランがどうなっているのかはわからないが、今シーズンもドルトムントでプレーするのは素晴らしいね。圧倒的なゴールマシーン。あの年齢で彼のような選手を見たことがない。唯一の欠点はヘディングかな。それ以外が完ぺきだよ」と続けている。