マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、今シーズンのリヴァプールを絶賛するも、クラブが持つプレミアリーグ勝ち点記録の偉大さを強調した。

1989-90シーズン以来、30年ぶりのイングランド1部リーグ優勝を目指した今シーズンのリヴァプール。昨シーズン終盤にチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げた勢いそのままに、2月末まで半年以上にわたりリーグ戦無敗を維持し、7試合を残してプレミアリーグ優勝を決めた。しかし、リーグ優勝決定以降は失速し、マンチェスター・Cが持つリーグ記録の勝ち点100に並ぶことができないことが確定した。

それでもシーズン終盤まで驚異的なペースで勝ち点を積み上げたリヴァプールの快進撃は印象的だったようで、グアルディオラは18日のFAカップ準決勝アーセナル戦前の会見で「勝ち点記録に並べなかったからといって、リヴァプールの素晴らしいプレミアリーグシーズンだったことに変わりはない」と賛辞を送りつつも、2017-18シーズンの勝ち点100の偉大さを強調した。

「99ポイントであろうと、102、107ポイントであろうと、彼らは素晴らしかった。もう一度おめでとうと言いたい。いつも言っているように、記録は破られるためのものであって、遅かれ早かれそれは起きるものだ。しかし、100ポイントは簡単なことではない。2シーズン前の我々は驚くべきもので、昨年は98ポイントだったが、それでも素晴らしかった」

「リヴァプールは昨シーズン、97ポイントで、今年は99ポイントまで伸ばせる。両チームが素晴らしいことを成し遂げた。このことに変わりはない。リヴァプールが印象的なシーズンを戦ったことの表れだ。いつの日か破られるときが来るだろうが、今シーズンの彼らでも届かなかった100ポイントは、2シーズン前にどれだけ我々が驚くべきものだったかを証明している」