現在負傷中のマンチェスター・ユナイテッドDF、ハリー・マグワイアはヨーロッパリーグ(EL)決勝に間に合わない可能性が高いようだ。

9日のアストン・ヴィラ戦で足首のじん帯を負傷したマグワイアは、その後杖とプロテクターを使用しながら復帰に向けて調整を続けていたとされる。

だが26日のEL決勝ビジャレアル戦を控えた状況ながら、25日の前日練習を欠場したことが明らかになっている。

記者の前でオーレ・グンナー・スールシャール監督は「ハリーはタッチライン沿いを軽くジョグできる。彼はまだ別調整だが、EL決勝でどうなっているか確信が持てない」と、現時点でメンバー外ではなく、起用する可能性がゼロではないと示唆している。

「もちろんハリーが明日プレーできることを願っているが、焦点とすべきは今日のセッションを消化して、ピッチに立つのにふさわしい選手が出場することになる」

なお、主将マグワイアが間に合わない場合、センターバックはエリック・バイリー、アクセル・トゥアンゼベの組み合わせになるものと見られる。

果たしてマンチェスター・Uはグダニスクでの決戦を制し、EL制覇を成し遂げることができるのか。決戦は日本時間27日AM4:00キックオフとなる。