セビージャでプレーする元クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチが、かつてバイエルン行きの話があったことを明かし、その移籍が実現しなかったことを残念がっている。ドイツ『Sport1』に語った。

ラキティッチはバーゼルでキャリアをスタートした後、2007年から2011年にかけて過ごしたシャルケでは、現バイエルンのGKマヌエル・ノイアーらとともにチャンピオンズリーグ(CL)で躍進。その後、セビージャを経て2014年にバルセロナに辿り着き、2020年からは再びセビージャに帰還した。

ラキティッチは、バイエルン行きの可能性もあったと口にしている。

「後になってから詳細を聞いたんだけど、バイエルンが僕を獲得しようと一時的に動いていたらしいんだ。結局、ブラッツォ(ハサン・サリハミジッチ)が最後まで決めてくれなかったことは残念だ。僕はマヌ(シャルケ時代の同僚、ノイアーの愛称)ともう一度プレーしたかった」

「ただ、それはあくまで実現しなかった話だよ。バイエルンは今季、チャンピオンズリーグのノックアウトランドですでに敗退してしまったが、彼らがヨーロッパ最高のチームであることは疑いようがない」

また、バルセロナ在籍時代にはリオネル・メッシの影響力があまりにも大きかったと回顧している。

「バルセロナではいろんな衝撃を受けたよ。レオがトレーニングを欠席したとわかったら、見に来ていたファンの90%はその瞬間にいなくなるんだ」

「とても奇妙な経験だったけど、レオはもはやバルセロナの一員ではなく、クラブの象徴であり、フットボールの歴史そのものなんだ。彼と一緒にプレーすることができてとても光栄だった」

現時点でメッシはバルセロナとの契約延長を結んでおらず、このままでは今季限りでチームを去る可能性も十分にある。ラキティッチは元同僚メッシの慰留を望んでいると公言した。

「レオについては今後もバルセロナでプレーすることを願っている。もちろん彼が決めたことを尊重すべきだと思う。その行き先がどこであろうと、僕はレオの活躍をいつでも期待しているよ」