ヘタフェに加入したMF柴崎岳が21日、入団発表会見に出席した。

柴崎は今年1月末に鹿島アントラーズから半年間の契約でリーガ・エスパニョーラ2部のテネリフェへ移籍。加入当初こそ新天地への順応に苦しんだが、シーズン終盤には本来の実力を発揮し、中心選手としてチームをけん引した。昇格プレーオフではゴールに絡む活躍を見せたが、決勝で惜しくもヘタフェに敗れ、1部昇格を逃していた。

そんな柴崎の新天地に決まったのが1年で1部の舞台へと返り咲いたヘタフェ。柴崎は1部という夢の舞台へたどり着いたことに喜びを語る。

「いつか、このプリメーラ(スペイン1部)の舞台でプレーすることは夢でした。誰かを追ってきたわけではないですけど、昨年からスペインでプレーして、チャンスをつかんで、ここの舞台で今季からプレーできることをうれしく思います」と語った。

会見の最後、柴崎はユニフォームを広げて写真撮影に応じた。ユニフォームの背番号は「10」。柴崎は背番号10となることが明かされた。