ヴェローナはFWアントニオ・カッサーノと双方の合意の下、契約を解除したことを27日、公式サイトで発表した。加入からわずか17日間での退団となっている。

カッサーノは10日、今シーズンからセリエAに昇格したヴェローナへの加入を決めたばかりだったが、1週間後の18日には匙を投げてしまった。それでも1度目はヴェローナ幹部や家族の説得を受けて続投を決心したが、24日に再び「家族のそばにいたい」として退団および現役引退を希望。周囲はカッサーノの決断を受け入れるしかなかった。

『スカイスポーツ』によれば、ヴェローナは話が二転三転するカッサーノを警戒し、契約解除の際に2つの条項を設定している。1つ目は、カッサーノがセリエAへ復帰する場合、ヴェローナに対し20万ユーロ(約2600万円)の違約金を支払うというもの。2つ目は、セリエBのクラブへ加入する場合、5万ユーロ(約650万円)のペナルティが発生するというものだ。

またすでに販売されたカッサーノのユニフォームについては、クラブの公式ストアであるヴェローナ・ストアが8月30日まで希望者に対し商品の交換を受け付けることを発表。なお29日には、カッサーノの古巣サンプドリアとのフレンドリーマッチが組まれているが、主役となるはずだったカッサーノの姿は見られないことになる。