バルセロナFWネイマールの父親で代理人を務めるロルダン氏は、現所属クラブにボーナスの支払いを要求しているようだ。

ネイマールは昨年10月にバルセロナと2021年まで契約を延長。その際、7月31日までに2600万ユーロ(約33億円)の報奨金がクラブから代理人に渡されることが条項に含まれていたとされる。

ロルダン氏は7月31日に、その2600万ユーロを受け取るためにバルセロナに到着している。だがバルセロナは、その支払いを渋っている様子だ。

なお、凄まじい喧騒の中でバルセロナに着いたロルダン氏は、空港で報道陣と小競り合いを起こしている。「礼儀だけは謹んでいただきたい」と苛立ちを見せた同代理人だが、移籍実現に向けて動き続けているのは間違いなさそうである。