清水エスパルスは7日、元日本代表MF増田誓志が完全移籍で加入すると発表した。背番号は「24」。

増田は今回の移籍に際して、以下のように意気込みを語っている。

「清水エスパルスを愛する皆さん、初めまして。このたび、清水エスパルスに加入することになりました、増田誓志と申します。伝統ある清水エスパルスというクラブに加入できたことを非常に嬉しく思います。これから先、クラブが素晴らしい歴史を築いていけるよう、共に闘っていきたいと思います。よろしくお願いします」

増田は宮崎県出身の32歳。鵬翔高校を経て、2004年に鹿島アントラーズへ入団。リーグ戦初出場となった2004年のJ1リーグ1stステージ第7節・ヴィッセル神戸戦では、初ゴールも決めている。J1リーグ戦で通算200試合に出場し、14得点を記録。

2010年にモンテディオ山形へ期限付き移籍するも、1年で鹿島へ復帰した。その後、2013年に鹿島アントラーズから蔚山現代(韓国)へ移籍。2014年に期限付き移籍で大宮アルディージャへ加入。1年で蔚山現代に復帰し、2017年1月からアル・シャールジャ(アラブ首長国連邦)へ移籍していたが、同年7月に両者合意の下で契約を解除していた。

なお、清水は9日に首位のセレッソ大阪と対戦する。