セリエA第25節が2日に行われ、3位ユヴェントスと15位スペツィアが対戦した。

ユヴェントスはクリスティアーノ・ロナウドとデヤン・クルゼフスキの2トップ。サイドにはウェストン・マッケニー、フェデリコ・キエーザが入った。

9分にはキエーザがスルーパスに抜け出し、ネットを揺らすが、オフサイドで取り消しに。42分にはロナウドがゴール左から右足で狙うが、GKの指をかすめて惜しくも右ポストに弾かれてしまう。

61分にはアルバロ・モラタ、フェデリコ・ベルナルデスキを投入。すると62分、左サイドからベルナルデスキのクロスにモラタがニアで合わせ、ついにユーヴェが先制点を奪う。

71分には、キエーザが左サイドからベルナルデスキの折り返しを一度はGKに止められるも、自ら押し込み、2-0に。終了間際に、この日チャンスを活かせていなかったロナウドがカウンターからダメ押し弾。ユヴェントスが終わってみれば3-0と快勝を収めている。

勝利したユヴェントスは首位インテルとは7ポイント差のままとなっている。

■試合結果
ユヴェントス 3-0 スペツィア
■得点者
ユヴェントス:モラタ(62分)、キエーザ(71分)、ロナウド(89分)