レアル・マドリーはトッテナムに貸し出しているMFガレス・ベイルが、プレミアリーグで再評価されることを期待されているようだ。

ジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリーでは構想外扱いとなり、今夏レンタルで古巣トッテナムに復帰したベイル。ケガで出遅れはしたものの、プレミアでは116分の出場で1ゴールを奪っており、徐々に輝きを取り戻している。

レアル・マドリーは、そんな同選手が今後も活躍を見せることを期待しているようだ。その理由は、いまだのしかかる同選手の金銭的負担を減らすため。レアル・マドリーは今季、2022年まで契約を結ぶ同選手の年俸総額3000万ユーロ(所得税の負担含め)の半分を負担しており、プレミアで再評価されれば、この重荷を減らすことができるためだ。

もしベイルがプレミアで活躍を見せれば、レアル・マドリーはベイルについて、いくつもの選択肢を得ることになる。来夏に獲得オファーを提示するクラブが現れる可能性があるほか(ベイルの現在の市場価値は2500万ユーロ)、トッテナムが全年俸を賄いレンタル延長を申し込むことも視野に入れられる。

またベイルの関係者は、ジダン監督の去就次第ではあるものの、レアル・マドリーに復帰する可能性も否定していないとのことだ。