ユヴェントスのクリスティアーノ・ロナウドがハメス・ロドリゲスの加入を望んでいるようだ。元バイエルン・ミュンヘンのローター・マテウス氏が明かした。

2017年夏にレアル・マドリーからバイエルンに2シーズンの期限付きで加入したハメス。しかし、ブンデスリーガ王者は同選手の完全移籍には動かず、今夏の退団が発表されている。さらに、レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督も構想外と考えているようで、コロンビア代表MFは今夏に新天地を求めることが濃厚だ。

2014年のブラジル・ワールドカップでは大きな輝きを放ち、スター候補の1人としてもてはやされたハメスも現在27歳。プレミアリーグに初挑戦するのではないかとも一部で報じられる中、ユヴェントスのロナウドがレアル・マドリー時代の同僚をアリアンツ・スタジアムに呼ぶことを希望しているとマテウス氏が『AS』で語った。

「私は2週間前、バイエルンのブンデスリーガ制覇を祝っているときに彼(ハメス)と言葉を交わした。彼はクリスティアーノ・ロナウドととても親しい。ロナウドがユヴェントスで一緒にプレーしたいと彼に伝えたようだ」

「私にはロナウドがハメスを求めている理由が理解できる。ハメスは多くのパスを送り、ロナウドは多くの得点を挙げられる。そして、彼ら二人が同時に輝きを放つことができるんだ」

2014年にレアル・マドリーに加入し、ロナウドらとともに史上初のチャンピオンズリーグ(CL)連覇を達成したハメスは、新シーズンに悲願のCL制覇を目指すユヴェントスに新天地を求めるのだろうか。