トッテナムは7日、プレミアリーグ第23節でWBAをホームに迎えた。

試合開始時点で9位のトッテナム(勝ち点33)と、19位に沈むWBA(勝ち点12)がトッテナム・ホットスパー・スタジアムで相まみえた。リーグ3連敗中のトッテナム、モウリーニョ監督は0-1で敗れた前節のチェルシー戦から先発4選手を変更。最前線には、足首の負傷で直近2試合を欠場していたケインが復帰した。

序盤から攻勢に出たトッテナムは、15分に決定機を迎える。カウンターからオーリエのパスを正面やや左で受けたケインが左足で狙いすましてシュート。しかし、これはクロスバーに弾かれる。続く18分にもゴールエリア左でチャンスを迎えたケインだが、シュートはわずかに枠の右にはずれ、ここも先制点とはならない。

その後もほぼハーフコートでWBAを押し込んだトッテナムは42分、CKからオーリエが際どいヘディングシュートを放つも、GKジョンストンのファインセーブに阻まれる。ゴールレスのまま試合を折り返すと、後半開始早々にもボックス左に抜け出したソン・フンミンが枠内シュートに持ち込む。しかし、ここもGKジョンストンの左足一本のビッグセーブに遭う。

それでも、54分にはトッテナムがついにゴールをこじ開ける。ボックス左でホイビュルクの縦パスを受けたケインが右足で冷静にゴール右隅にシュートを流し込み、チームに先制点をもたらす。これで勢いに乗ると、58分にはカウンターからルーカス・モウラのラストパスを受けたソン・フンミンが決めて、トッテナムが一気にリードを2点とする。

ソン・フンミンがケインに追いつく今季13ゴール目を挙げたトッテナムはその後、試合をコントロールしつつ時間を進める。そして、そのまま相手をシャットアウトすることに成功。試合終了間際には16歳のスカーレットをプレミアリーグデビューさせたトッテナムが、2大エースの活躍により、リーグ4試合ぶりの白星で連敗をストップさせている。