リヴァプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョにはバルセロナが関心を示しており、先日7200万ポンド(約103億円)でのオファーで打診するも、リヴァプール側が拒絶したと報じられた。

しかし、イギリス紙『ミラー』が報じたところによると、バルセロナは同選手の獲得を諦めておらず、2度目のオファー送る意向にあるという。報道では、2度目のオファーは8000万ポンド(約115億円)での契約解除金で獲得の申し入れを行うようだ。

ユルゲン・クロップ監督はコウチーニョが非売品であるということを公言しているが、バルセロナは同選手の獲得に向けて本腰を入れている。その一方で、バルセロナ側はブラジル代表FWネイマールが退団する可能性が高まっているとの憶測が浮上し、その代案としてコウチーニョに熱視線を送っている模様。

果たして新シーズン、バルセロナの左ウイングは誰が務めているのか。シーズン開幕までにまだビッグディールが立て続けに決まる可能性も十分にありそうだ。