ボルシア・ドルトムントに所属するFWウスマン・デンベレは、バルセロナ移籍を強く望んでいるのかもしれない。ピーター・ボス監督は10日の会見で、同選手が同日の練習を無断で欠席したことを認めた。

バルセロナの獲得オファーがドルトムントに断られたと報じられたばかりのデンベレ。同選手はドルトムントの10日の練習に現れず、現地では退団報道が一気に現実味を帯びることになった。

この日、トレーニンググランドにデンベレの姿が見られなかったことについて聞かれたボス監督は「確かに彼は午前中の練習を欠席していた。正直、その理由については分からない。我々は彼に連絡を取ろうとしたが、通じなかった。何か悪いことが起きなかったことを願っている」と返答した。

またデンベレの不在はバルセロナへの移籍と関係しているかとの質問には「正直、私は知らない。彼と話していないのでね。ここで憶測を語り合うことは可能かもしれないが、そういうことを私は好まないね」と答えている。

バルセロナとの第一回の交渉が成立しなかったとの報道を受け、デンベレは練習欠席を決断したのだろうか。同選手の動向から目が離せない状況となっている。