フェネルバフチェFWは、間もなくラツィオに加わることになりそうだ。

イタリア『Sky Sports Italia』によると、ラツィオはコソボ代表FWヴェダド・ムリキの獲得で合意に至っており、週明けにメディカルチェックを行う予定になっているという。

記事によるとすでに取引は合意に至っており「1800万ユーロ(約21億6000万円)の契約解除金、そして150万ユーロ(約1億8000万円)の追加ボーナスが付く」とのこと。

26歳、コソボ代表のムリキはこれまでアルバニアのクラブでプレーし、近年はトルコのクラブを渡り歩いていた。2019年夏にリゼスポルからフェネルバフチェへ移籍し、この時に発生した移籍金は350万ユーロ(約4億2000万円)。結果としてフェネルバフチェはムリキを1年で高額転売する形になったようだ。

なお、ムリキは月曜日にローマ入りする予定になっており、メディカルチェックを受けたあと、ラツィオと正式にサインを交わすことになるとされる。