■セリエA第13節
インテル 2−0 アタランタ

得点者
インテル:イカルディ(51分、59分)

セリエA第13節インテルvsアタランタの一戦が行われた。

前節まで9勝3分けで勝ち点30と無敗のインテルが、ホームのジュゼッペ・メアッツァでアタランタと激突した。この試合で日本代表DF長友佑都はベンチスタートとなった。

序盤からインテルはロベルト・ガリアルディーニやマウロ・イカルディがシュートに持ち込むも、ゴールにはならず。アタランタも要所でダイナミックな速攻を仕掛けてインテルゴールを脅かそうとするが均衡は破れず、前半は0−0で終了する。

後半に入り51分、インテルは敵陣右サイドでFKのチャンスを得て、アントニオ・カンドレーヴァがクロスを放り込む。そこにイカルディが飛び込み、頭で合わせてインテルが先制した。

その8分後にはダニーロ・ダンブロージオのクロスに、またしてもイカルディがヘディングで合わせてスコアが2−0となった。

2点を追う展開になったアタランタはその後も何度かゴールチャンスを迎えるが、いずれもネットを揺らすまでに至らず、このままフルタイムを迎えている。

この結果、インテルはリーグ戦無敗を継続して10勝3分けとした。ユヴェントスが同じ節で敗れたため、2位に浮上している。なお、この試合で長友はベンチから戦況を見つめたものの、出場機会はなかった。

▶セリエAを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。