元レアル・マドリーのDFフランシスコ・パボンが、エル・クラシコを前に『Goal』で試合の展望を語ってくれた。

伝統の一戦を前にレアル・マドリーとバルセロナについた勝ち点差は11。パボンは古巣の序盤戦の不調について語りつつ、復調していることも認める。

「シーズン序盤、レアル・マドリーはゴールを奪えなかった。全く悪いわけではなかったが、ゴールだけが足りていなかった。今はディフェンスラインも改善されてきている。クラシコを前に素晴らしい兆候だ」

「バルセロナにも同じことが言える。シーズン序盤彼らのプレーはさほどだったが、勝ち続けてポイントを稼いだ。それが今の勝ち点差につながっているね」

さらに、クリスティアーノ・ロナウドやジネディーヌ・ジダン監督が言及した“パシージョ”(花道)にも触れる。クラブ・ワールドカップを優勝したレアル・マドリーに対してバルセロナは花道を作らないことを決定したが、パボンの意見は異なる。

「バルセロナはそれをすべきだ。チャンピオンをリスペクトする必要があるからね。スペインでは普通やられることだよ」

【Goal.com限定】12月22日〜24日まで、通常1ヶ月が2ヶ月無料になる限定キャンペーン実施中!
▶クラシコ観るならDAZNで!3日間限定2ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。