レアル・マドリーを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が、所属するFWカリム・ベンゼマを称賛している。スペイン『アス』が伝えた。

長年にわたってレアル・マドリーの最前線で活躍するベンゼマ。クリスティアーノ・ロナウド在籍時はチャンスメーカーとしての能力が目立っていたが、近年では得点力も際立っている。

そして、2021-22シーズンは開幕からの公式戦7試合で8ゴール7アシストと並外れた成績。アンチェロッティ監督も、チームの好調を支えるベテランのエースに賛辞を送っている。

「彼のプレーを目の当たりにすれば、(バロンドールに)ノミネートされていなければいけないと思う。カリムには受賞するチャンスがあるし、それも今回が最後ではない。彼は上質なワインのようなんだ。時間が経つごとに素晴らしくなっていく」

ラ・リーガにおいては開幕から6試合で5勝1分け無敗の首位に立っているレアル・マドリー。一方で、ライバルのバルセロナは5試合で2勝3分けの7位と失意のスタートとなっている。

アンチェロッティ監督はこのことについて、「他チームの不幸を喜ぶことはないし、自分のチームに集中して試合を楽しみにしている。バルセロナであれ、他チームであれ、物事がうまくいっていない時にそれを喜ぶことはない」とコメントした。