ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、MF久保建英が同クラブ退団を希望していることを明かした。

2日のラ・リーガ第17節レバンテ戦(2-1)で、今季初めて久保を招集外としたエメリ監督だが、試合後の会見でその理由を明かしている。曰く、久保本人から移籍の意思を伝えられたとのことだ。

「クボに残りたいか出て行きたいのかを聞くと、退団を求めていると言われた。だからここでプレーする気持ちがある選手たちを招集した」

「タケの振る舞いは素晴らしく、私たちの助けとなってくれた。彼は成長し続けなくてはならないが、しかし出場時間を欲しているために去りたいと私に言った」

久保はビジャレアルでヨーロッパリーグを主として出場機会を得ていたが、ラ・リーガでは2試合しか先発で起用されず、レバンテ戦前の3試合では一切出場時間を得られていなかった。出場機会を求める日本代表MFの新たなレンタル移籍先は、レアル・マドリーと同じくスペイン首都に拠を構えるヘタフェが確実視されている。