ミランがレアル・マドリーのFWアルバロ・モラタの獲得に向けて年俸1000万ユーロ(約12億9000万円)のオファーを準備していると、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が17日、報じている。

ユヴェントス時代の元同僚DFレオナルド・ボヌッチがミラン入りしたことで、モラタはミラン移籍に傾き始めている。今夏、大型補強を進めているミランは現在、新たなセンターフォワードの獲得を検討し、モラタの他、ドルトムントのFWピエール・エメリク・オーバメヤン、トリノのFWアンドレア・ベロッティをリストアップしている。新加入のボヌッチがモラタに電話で加入を呼びかけたこともあり、他の2選手を抑えモラタが1歩リードしている模様だ。

モラタ獲得にはチェルシーも興味を示しており、年俸900万ユーロ(約11億6000万円)の待遇を用意しているが、ミランはこれを上回る1000万ユーロを提示する。だが金額はさらに上昇する可能性があり、ミランは最高1200万ユーロ(約15億5000万円)まで応じる見込みだ。一方、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は当初、9000万ユーロ(約116億円)の移籍金を求めていたが、モラタの売却資金を元にモナコのFWキリアン・ムバッペ獲得へと急ぎたい意向で、ミランが提示した移籍金7000万ユーロ(約90億円)の条件で合意が近づいているとみられる。

またモラタの妻アリーチェ・カンペッロさんはイタリア・ヴェネツィア出身のため、地元に近いミランへの移籍を後押ししているようだ。