先にバルセロナからFWネイマールを獲得したパリ・サンジェルマン(PSG)だが、モナコFWキリアン・ムバッペをも手中に収めることを目指しているという。複数のフランスメディアが報じた。

バルセロナとネイマールの契約解除金2億2200万ユーロ(約290億円)を支払ったPSGだが、さらなる大金を投じてムバッペすら手中に収める考えという。フランスメディアによれば、同クラブは18歳のフランス代表FWのために、移籍金として1億8000万ユーロ(約235億円)を支払う用意があるようだ。

『レキップ』によると、PSGはFWエディソン・カバーニ、ネイマール、そしてムバッペの3トップを形成することを夢見ている模様。また『パリジャン』は、レアル・マドリー移籍の可能性も報じられてきたムバッペが、現在はネイマールとともにプレーするためPSG移籍を熱望していることを伝えている。

PSGがムバッペ獲得に動くとして、問題となるのはやはりファイナンシャルフェアプレー(FFP)だ。フランスメディアによれば、PSGはスポンサー収入を増やすことや、MFグジェゴシュ・クリホビアク、MFブレーズ・マテュイディ、MFアンヘル・ディ・マリアを売却することなど、FFPに抵触しない方法を探す考えとされる。