バイエルンに2年間のレンタルで加入したコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、遠征先のシンガポールで、バイエルンでの躍進を誓っている。ハメスは現地で『Goal』の記者に対して、次のように語ってくれた。

「今はバイエルンでのプレーに集中しているよ。ここで少しでも多くのタイトルを獲得したい」

現時点でハメスはレアル・マドリーとの契約は2021年まで結んでおり、バイエルンには2019年6月までのレンタルで加入した形になる。ハメスは「ただ、その後はどうなるか分からないよ。時が来たら、その時は何が起こるか見極めるさ」と続け、バイエルンから去るタイミングが来たら改めて去就を決断すると語っている。

ハメスは昨シーズン、レアル・マドリーでリーグ戦22試合に出場。しかし、先発出場は13試合のみで、イスコなどライバルに比べて出場機会に恵まれていなかった。

今夏、同選手はかつてレアル・マドリーで指導を受けたカルロ・アンチェロッティとバイエルンで再会した形になった。恩師が指揮するバイエルンで今後2年間に改めてその能力を証明できるのか、期限付き移籍中のハメスにとって正念場となりそうだ。

ハメスの所属するバイエルンはインターナショナル・チャンピオンズカップで現地時間25日チェルシーと、27日にインテルと戦うことになっている。