アメリカでインターナショナルチャンピオンズカップのマンチェスター・ダービーが行われた。試合はロメル・ルカク、マーカス・ラッシュフォードのゴールにより、2−0でマンチェスター・ユナイテッドが勝利を収めている。

試合後、マンチェスター・シティのベルギー代表FWケビン・デ・ブルイネが、ライバルチームに加入した同胞ルカクについて語っている。

「ルカクはユナイテッドでもうまくいくと思う。彼のプレーを見ただろう? 誰もが彼のスキルに驚いたと思う」

「ルカクの移籍は大きな規模のものだったし、メディアでも大きく注目されていたね」

ユナイテッドに加わったルカクの成功を確信しつつ、デ・ブルイネは「彼はユナイテッドでシーズン20〜25ゴールは決めるんじゃないかな。彼の得点力は世界最高レベルだ。(リオネル)メッシとは異なる持ち味で、フィジカルを生かして強引に結果を残してしまう」と語っている。

ベルギー代表で長年ともにプレーしてきたデ・ブルイネから見ても、マンチェスター・Uに加わったルカクの存在は脅威となっているようだ。