バルセロナのチームメートDFジェラール・ピケが「残る」と宣言したことで、FWネイマールのパリ・サンジェルマン(PSG)移籍騒動は終わりを迎えたかに見えた。しかしながら、移籍の可能性は残っているようだ。

ピケは『インスタグラム』でネイマールとの2ショット写真を公開し、「残る」との言葉を発信。これにより、ネイマールのバルセロナ残留は確実になったとの見方が強まっていた。

しかし『ESPN』がネイマールの関係者とコンタクトを取ったところ、その写真に大きな意味はないとの見解を示された模様。同人物は、ネイマールとその父親ジョルダン氏が数日前にPSGとの交渉で合意に達しており、最終的には移籍すると主張しているという。