チェルシーFWジエゴ・コスタ獲得がうわさされるアトレティコ・マドリーだが、現時点ではFWフェルナンド・トーレスが依然として「9番」のポジション争いで優位に立っている。

F・トーレスは1日に行われたアウディ・カップのナポリ戦で先制点をマーク。今夏のプレシーズンでトルカ戦をスコアレスドローで終えていたアトレティコにとって、親善試合とは言えシーズンの幕開けを告げる得点となった。

F・トーレスは、昨季もプレシーズンのヌマンシア戦でチームの初得点を記録している。2年連続で“開幕”ゴールを決めた背番号9は、今夏1年の契約延長を行ったクラブで変わらない勝負強さを発揮している。

アトレティコはFIFAの処分により、今夏の選手登録が禁じられている。D・コスタあるいは他のストライカーが加入したとしても、1月まではプレーできない。F・トーレスの開幕戦でのスタメンが濃厚になってきた。