バイエルン・ミュンヘンに加入したコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが15日に行われたプレシーズンのカップ戦、テレコムカップでデビューを果たした。

1試合45分で行われるテレコムカップで、バイエルンは1回戦ではホッフェンハイムと対戦。ロベルト・レヴァンドフスキのゴールで1−0と勝利すると、決勝ではブレーメンと激突している。ハメスはトップ下10番のポジションでバイエルンデビューを果たした。

試合はトーマス・ミュラーとフアン・ベルナトのゴールで2−0と勝利し、テレコムカップを制した。ハメスは試合後にデビューの喜びを語っている。

「とても幸せだよ。これからの数日でもっとフィットしたい。中国に10日間行くけど、一歩ずつ状態を上げたいね。ミュンヘンでの生活はとても落ち着いていて大好きだ。早く新しい生活に適応したいね」

なお、ホッフェンハイム戦ではブンデスリーガ史上最高額で加入したフランス代表MFコランタン・トリッソもデビューを果たしている。