バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケは、同僚ネイマールの残留を宣言している。

かねてよりより報じられているネイマールの移籍騒動。バルセロナはパリ・サンジェルマンから同選手へのオファーを受けながら、年俸を引き上げるつもりがないことを認め、選手側がフランス行きを決断する可能性が高いことを確認しているという。各主要メディアが「ネイマール、移籍へ」と見出しを打つ中、ピケが自身のツイートでうわさを一蹴している。

「se queda(残る)」

ツーショットを載せて同僚であり親友の残留を宣言したピケ。選手本人、その関係者、またクラブが認めたわけではないものの、ロッカールームの代表者たるピケのメッセージは、ブラジル人がアスールグラナを着続けることの確証となるはずだ。