バルセロナは、リヴァプールMFフィリペ・コウチーニョ獲得に本腰を入れ始めているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。

FWネイマールのパリ・サンジェルマン移籍によって、2億2200万ユーロ(約290億円)の大金を手に入れたバルセロナ。その資金を元に、コウチーニョ獲得に踏み切ろうとしているとみられる。

バルセロナはネイマールの移籍が決定する前に、リヴァプールに対して固定額7000万ユーロ(約91億円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億円)の移籍金を提示していた模様である。だがこれは断られ、現在次のオファーを準備しているとされる。

バルセロナは、1億ユーロ(約130億円)+ボーナスの移籍金でリヴァプールに第二オファーを出すことを考慮している。ボーナスの額には交渉の余地があるようだが、ここまで高額な移籍金を提示されれば、リヴァプールも断るのは難しいと予想されている。