ヘタフェMF柴崎岳は、開幕スタメンに向けて激しいレギュラー争いに身を投じている。

ヘタフェは2日にアトレティコ・バレアレスと親善試合を行った。ホセ・ボルダラス監督はGKフィリップ、DFモリネロ、ベラスケス、カタ・ディアス、タニス、MFファイサル、ラセン、チュリ、ポルティージョ、アルバロ、FWモリーナをスタメン起用した。

柴崎は後半から出場したが、インパクトを残すことはできず。チームは1-3で敗れている。

1日にスペイン『マルカ』が紙面に載せた各チームのスタメン予想では、柴崎は先発から外されている。新加入の柴崎は、ボルダラス監督の戦術を飲み込み、開幕までにスタメンに食い込めるだろうか。