2018年ワールドカップロシア大会の予選はついに最終段階に入る。欧州予選のグループリーグ2位チーム同士によるプレーオフが行われるのだ。イタリア、アイルランド、そしてクロアチアはグループステージで首位通過を逃したため、来年夏の本大会出場の最後の望みをかけて、ホーム&アウェー方式の戦いに臨むことになる。今回『Goal』はUEFAの予選最終局面からプレーオフについての情報をまとめてみた。


欧州予選プレーオフとは?


James McClean Republic of Ireland celebrates 12112016

W杯ロシア大会でUEFA加盟国に与えられる13の出場枠のうち、グループリーグ首位通過の9枠をのぞいた残り4枠を争うのが、この各組2位の国々によって行われる欧州予選プレーオフだ。

各組で2位に入った9か国は、まず勝ち点順に並べられる。その際、各グループリーグ最下位の国との試合結果は除外される。これは、当初予選参加国が52か国だったため、9つグループのうち2グループは5か国で構成されることを考慮しての規定だった。だが後にコソボとジブラルタルがFIFAに加盟したことでヨーロッパ予選の参加国が54か国になり、全グループが6か国で構成されることになったが、この規定は変更されなかった。

各グループ2位通過の9か国のうち、8か国がヨーロッパ予選プレーオフに進出となる。つまりヨーロッパ予選グループリーグを終えた段階で勝ち点が最少だった1チームは、たとえグループ2位でもその時点でW杯出場の夢は絶たれる。そしてこの8か国で抽選が行われ、2チーム4組でホーム&アウェー形式のプレーオフが行われるのだ。

抽選の際はシード制が導入され、8か国はFIFAランキングに応じて上位ポットと下位ポットの2つに分けられる。なお、今年はUEFAには14の出場枠が与えられている。予選で争われない1枠は、ホスト国としてロシアに与えられている。


プレーオフの開催日、抽選会は?


Gianluigi Buffon Italy European Qualifiers

ヨーロッパ予選プレーオフは、2017年11月に設けられたインターナショナルマッチウィークに開催される。1stレグは11月9日から11日の間に、そして2ndレグは12日から14日の間に行われる。

ヨーロッパ予選プレーオフの抽選は10月17日火曜日の14時(日本時間同日21時)に、スイスのチューリヒで行われる。この模様はFIFAの公式サイトや公式Youtubeチャンネルで観ることができる。

8か国は2つのポットに分けて入れられ、FIFAランク上位側のポットと下位側のポットからマッチメイクが行われる。この際のFIFAランクは、抽選日の前日に発表される10月時点での最新版ランキングが反映される。このランキングによってどちらのポットに分けられるかが決まるというわけだ。


プレーオフに進出するチームはどこか?


順位 国名 試合数 得点数 失点数 得失点差 勝ち点
1 スイス 10 9 0 1 23 7 +16 27
2 イタリア 10 7 2 1 21 8 +13 23
3 デンマーク 10 6 2 2 20 8 +12 20
4 クロアチア 10 6 2 2 15 4 +11 20
5 スウェーデン 10 6 1 3 26 9 +17 19
6 北アイルランド 10 6 1 3 17 6 +11 19
7 ギリシャ 10 5 4 1 17 6 +11 19
8 アイルランド 10 5 4 1 12 6 +6 19
9 スロバキア 10 6 0 4 17 7 +10 18

上の表はグループステージ終了時点の各グループ2位チームの順位表だ。

スロバキアはこの中で最下位に終わったため、プレーオフには出場できない。残る8か国で4つの出場枠が争われる。抽選は10月版のFIFAランキングに基づいてランク上位ポットと下位ポットに分けて行われる。スイス、イタリア、デンマーク、クロアチアは上位ポットに振り分けられるだろう。

つまり、彼ら同士の対戦はなく、スウェーデン、北アイルランド、アイルランド、そしてギリシャが彼らの対戦相手の候補ということだ。


プレーオフはどこで見られる?


Luka Modric Croatia European Qualifiers

ワールドカップロシア大会ヨーロッパ予選プレーオフの試合は、『DAZN』で全試合放送予定だ。試合の組み合わせは10月17日の抽選会で決定する。

文=オリィ・プラット/Oli Platt