トッテナムはアントニオ・コンテ監督の招聘を目指しているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。

トッテナムは先日、ジョゼ・モウリーニョ監督を解任。現在は暫定監督としてクラブOBであるライアン・メイソン監督が指揮を執る。だが、来季に向けて新監督の招聘を目指しており、その候補の一人がコンテだという。

現在コンテにオファーは出されていないものの、トッテナムとの間で予備的な話し合いを行ったという。その話し合いについては「実りある、興味深いもの」になったと伝えられている。

コンテは2019年からインテルを指揮。今季はチームに驚異的な団結力をもたらし、見事11年ぶりのリーグ優勝に導いた。コンテは2016年から2018年までチェルシーを率い、リーグ優勝に導いた経験もあるが、プレミアリーグ復帰を決断するのだろうか。