セリエAのトリノは、ユヴェントスからベネズエラ代表MFトマス・リンコンを期限付きで獲得したことを発表した。契約期間は2018年6月までの1年間。レンタル料は300万ユーロ(約3億9000万円)で、一定の試合数出場で600万ユーロ(約7億7000万円)の買い取り義務オプションもついている。

ベネズエラ代表のリンコンはハンブルガーSV、ジェノアなど欧州のクラブで評価を高め、今年1月の移籍市場でユヴェントスに加入したばかりだった。2016-17シーズンの後半戦はユヴェントスでリーグ戦13試合に出場していたが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の信頼を勝ち取ることができなかったようだ。

トリノの公式メディアを通してリンコンは「ここに来ることができてうれしいよ。トリノの会長、そして僕を必要としてくれた(シニシャ)ミハイロビッチ監督に感謝したい。これからトーロ(トリノの愛称)のために全力を尽くす」と新天地での意気込みを示している。