トッテナムは26日、プレミアリーグ第19節でブライトン・ホーヴ・アルビオンをホームに迎えた。

勝ち点26で7位のトッテナムと、勝ち点20で13位に位置するブライトンが対戦。モウリーニョ監督は、0-2で敗れた前節のチェルシー戦からエリック・ダイアーと出場停止のソン・フンミンに代えてウィンクスとセセニョンを起用する2点を変更し、試合に臨んだ。

積極的な入りを見せたのはトッテナムだったが、先にゴールへ迫ったのはアウェーチーム。ブライトンは13分、正面のミドルレンジからアルザーテが右足を振る。鋭いミドルシュートがゴール右を捉えたが、これはGKガッサニーガのファインセーブを前に先制点とはならない。

一方のトッテナムは24分、最終ライン裏に抜け出したケインがネットを揺らすも、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)での判定の結果、オフサイドでノーゴールとなる。

すると、37分にブライトンが試合の均衡を崩す。右サイドからグロスが鋭いFKをゴール前に入れる。正面で合わせたウェブスターが力強いヘディングシュートを突き刺し、ブライトンに先制点をもたらした。

迎えた後半、立ち上がりから前に出たトッテナムは53分に追いつく。ボックス左でボールを拾ったケインが、左足で強烈な枠内シュートを放つ。一度はGKに弾かれるも、こぼれ球を自ら右足で押し込み、エースの一撃でトッテナムが試合を振り出しに戻した。

さらにロ・チェルソ、エリクセンを投入して勝ち越しを狙ったトッテナムは、72分に追加点を得る。エリクセンの浮き球パスをボックス右のオーリエが折り返す。ニアサイドのデレ・アリがループ気味のシュートを流し込み、トッテナムが逆転した。

結局、このゴールを決勝弾とし、前節の黒星からバウンスバックに成功したトッテナム。この後は、中1日という厳しい日程でノリッジ・シティとのアウェー戦を迎える。

■試合結果
トッテナム 2-1 ブライトン・ホーヴ・アルビオン

■得点者
トッテナム:ケイン(53分)、デレ・アリ(72分)
ブライトン:ウェブスター(37分)