日本代表FW武藤嘉紀は、今季ニューカッスルのプランに含まれていないようだ。スティーブ・ブルース監督が明言している。

2018年に憧れであったプレミアリーグ挑戦を始めた武藤。しかし、2年間で公式戦のゴールは2つのみ。特にブルース監督が就任した昨季はほとんど出番を得られず、1月以降のリーグ戦ではたった54分の出場に留まっていた。

今夏にも退団が噂されていた武藤だが、指揮官も構想外であることを認めている。12日の2020-21シーズン開幕戦を前に会見に臨んだブルース監督は、28歳FWの姿勢を高く評価しつつも、移籍を勧めている。

「ヨシは素晴らしい男。彼にとっては望んだようにいかなかったが、究極のプロフェッショナルだ」

「どこかへ移籍してプレーする必要があるだろう。彼が参加できないのは健全なことではない」

今夏の退団が決定的となった武藤。有力な移籍先としてかつてプレーしたブンデスリーガの複数クラブが挙がっており、『fussballtransfers.com』はケルンやアウクスブルク、堂安律がレンタルで加わったアルミニア・ビーレフェルトがレンタルでの獲得を狙っていると報じている。